正と誤のハザマ

ayamachi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 22日

圧巻!!フレディ・キング

さて、今回は私の大好きな【The Beat(DVD)】を紹介いたします。
60年代中期のテキサスの音楽番組(R&B中心)で、確か日本でも放映されてたと思いますが、当事私はビートルズオンリーだったせいか、ほとんど記憶がありません。
vol.1からvol.6までありますが、ゲートマウス・ブラウン&ザ・ビート・ボーイズがバックを勤めてることも有名ですよね。またこのバンドが実にいい感じなのです。
まずThe Beatシリーズ第1回目は、テキサスの巨人、泣く子も黙る?フレディ・キングです。
フレディ・キングの出演場面を収録した【伝説のテレビ映像「ザ・ビート」1966】も発売されてますし、ご覧になられたかたも多いと思います。

c0125064_21233974.jpgc0125064_21241432.jpg

Show#6 〝I Love The Woman〟スロウブルース
まず2コーラスのギターソロで盛り上げてから、おもむろに歌い出す。
ところが、マイクがオフになっていて最初の一節が聞こえない。
この時のフレディの顔がなんとも恐ろしいッ。《おおッ、こわっ》
しかし、後半のソロでは何事もなかったかのようなご機嫌な笑顔。《お目目が赤ちゃんみたい》
う~ん、1曲の中でこれだけ表情が変わるのも、いかにもブルースマンですねえ(笑)
しかし、一音一音、全身全霊を込めて弾く、スクイーズギターは本当にすごいですねッ!!

c0125064_21293435.jpgc0125064_21294655.jpgブルースバンドでベースを始めた頃はシカゴブルースがメインでしたが、あのウッドベースの雰囲気が出せなくて、フレディ・キングの〝My Feeling for the Blues〟と〝Freddie King is a Blues Master〟をよく聞きましたね。
そう、ベースは去年ブルーノートで元気な演奏を聞かせてくれたジェリー・ジェモットで、当事はよくコピーしました。でも〝ハイダウェイ〟の16ビートフレーズはもう今では弾けなくなっているかも。。。。(泣)


蛇足
ザ・ビート・ボーイズのギターリスト(確かJonny Jones)は、スクイーズの代わりにアームを使うというちょっと変わったギタリストですが、おそらくフレディのファンなのでしょうね。
フレディのギターに思わず見とれている様子に何ともいえぬ味わいがありますねえ・・・・(笑)
「う~ん、分かる分かる、その気持ち!!」ってねッ。
c0125064_21332725.jpg

[PR]

by AYAMACCHI | 2007-05-22 21:37 | AYAMACHIのブルースめんこ


<< ああ、哀愁のバーバラ・リン      怒涛のアルバート・コリンズ三連発! >>