正と誤のハザマ

ayamachi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 26日

ジャック・マイヤーズ:虚無僧ベース観察日記

長期にわたりりサボってました。
c0125064_2332738.jpg


地を這うグルーブと異様なフレーズで異端児のシカゴブルースベーシスト、Jack Myers。
その昔、いきなり彼のフレーズを弾いてメンバー全員が思わず私の方を見たという快感が忘れられない(笑)
しかし、動くJack Myersが見られるとは当時は思いもよらなかったなあ・・・。(感無量)
Fred Below(Dr)とのコンビネーションもお気に入り。

画像はAmerican Folk Blues Festival Vol.1の【Otis Rush: I`Cant Quit You Baby】より拝借。
http://www.youtube.com/watch?v=Uy2tEP3I3DM&mode=related&search=

c0125064_2335164.jpg

①の司会から③(ラッシュ歌い始める)まで微動だにせず。
④ラッシュのイントロ頭の合図で、初めて左手がネックに動く・しかし頭、体は微動だにせず


c0125064_234685.jpg

⑤ソロでラッシュがスクイーズすると、初めて顔がネックに・おっと例の半音フレーズが!! ドウドド♪♪ドウドドド♪
⑥すぐ元に戻り
⑦何事もなかったように元の位置へ
⑧エンディングで顔がややネック方向に
 
う~ん、確かにラッシュのお辞儀が少し早いような。。。。

結論は、やはり「動かないこと虚無僧のごとし」、そしてそのベースは「あくまでも地を這うグルーブ」

しかし、何と言ってもOtis Rushの歌がすごい!!
[PR]

by AYAMACCHI | 2007-09-26 02:30 | AYAMACHIのブルースめんこ


<< イナヅマホーンズ フォトレポー...      ライトニン・ホプキンスの手放し奏法 >>